薬局開業を夢見るスライム薬剤師のblog

スライム系薬剤師があらわれた。経験値を集めます。キングスライム(薬局開業)への道のり!

処方箋付け替え わかりやすく解説する

f:id:kiyotakabaske:20170516013949p:plain
どうも、スライムです。

話題のクオール事件

「処方箋付け替え」についてわかりやすく解説します。

処方箋の付け替えとは

ある条件を満たすと調剤基本料という加算が下がります。

その条件を以下に示します。

・1カ月に受ける処方箋の枚数が4000枚を超えてて、ひとつの医療機関からの集中率(処方箋)が70%を超えている。

・1カ月に受ける処方箋の枚数が2000枚を超えてて、ひとつの医療機関からの集中率(処方箋)が90%を超えている。

・特定の病院から1カ月に受ける処方箋の枚数が4000枚を超えている。

これらいずれかの条件を満たすと

その調剤基本料という処方箋1枚に必ずつく点数が41点から25点に減らされます。(1点10円な)

チェーン薬局間で月の処方箋枚数を減らすため、集中率を減らすために処方箋を操作するのです。

これが処方箋の付け替え

大手の調剤薬局ではもっと減らされます。有名どころでいえば
日本調剤」「アイン薬局」「クオール薬局」など

1つの処方箋当たり16点(160円)も会社に損失が出るのです。

事件があった秋田のクオールは患者数約6000人/年であったようで

1カ月で患者500人です。

20日薬局を開けて、患者は25人/日

そこに薬剤師が3人いたとかで・・・

薬局赤字経営だった可能性が十分考えられます。

これらを逃れるために組織間で悪事を働いたのです。

クオールは!

おっと、話がクオールよりになってしまいました。

失礼しました。株価が急落しているクオール

次回はクオールのボーナスについて情報を仕入れましたのでお手柔らかにお願いします。

実習生受け入れを拒否されているクオール様へ愛を込めてkiyotakabaske.hatenablog.com